UTokyo Slack(試行)

目次

UTokyo Slackとは

東京大学では,幅広い大学活動をカバーするコミュニケーション環境整備の一環として,ビジネスチャットツール「Slack」の導入を進めており,2022年8月より「UTokyo Slack」として試行運用を行っています.

UTokyo Slackは,Slackの「Enterprise Grid」プランを全学で契約し,大学構成員の皆様にお使いいただけるようにしたものです.Slackは無償でも利用できるサービスですが,この契約の下では,過去のメッセージを無制限に参照できるほか,複数人での「ハドルミーティング」や「ユーザーグループ」「ワークフロービルダー」などの追加の機能が利用できるようになっています.

UTokyo Slackについては,「UTokyo Slack説明会」を3回に分けて開催し,利用したい方・利用に興味をお持ちの方へ向けて説明を行います.終了後は録画も提供します.本ページとあわせてご参照ください.

利用対象者

UTokyo Slackの利用対象者は,UTokyo Accountを持っている構成員です.利用にあたっては,UTokyo Accountの多要素認証を有効化している必要があるほか,情報セキュリティ教育を受講していることを前提とします.

なお,UTokyo Accountを持っていない方(学外の方)と一緒にSlackを利用したい場合,外部のワークスペースと連携する「コネクト」という機能の利用がひとつの方法かもしれません(ただし,通常のワークスペースと使い勝手が同様ではなく,常におすすめできるわけではありません).詳細は「「コネクト」機能を用いて学外者と一緒にUTokyo Slackを利用する」を参照してください.

ワークスペースへの参加方法

UTokyo Slackでは,東京大学全体の「オーガナイゼーション (OrG)」内に,コミュニケーションの単位として「ワークスペース (WS)」があり,この「ワークスペース」に参加して利用することになります.ワークスペースに参加する方法は,自由に参加できるワークスペースの中から選んで参加する場合と,特定のワークスペースから招待を受けて参加する場合の大きく2つに分けられますので,それぞれの説明を参照してください.

自由に参加できるワークスペースの中から選んで参加する場合の方法

自由に参加できるワークスペースの中から選んで参加する場合の参加方法は,以下のページを参照してください.

UTokyo Slackに自由に参加できるワークスペースの中から選んで参加する

特定のワークスペースから招待を受けて参加する場合の方法

特定のワークスペースから招待を受けて参加する場合の参加方法は,以下のページを参照してください.

UTokyo Slackに特定のワークスペースから招待を受けて参加する

ワークスペースの作成・運用方法

UTokyo Slackにおけるワークスペースの作成は,教職員からの申請により受け付けています.以下のページを参照してください.なお,UTokyo Slackのワークスペースは,東京大学全体の「オーガナイゼーション」内に作成することになるため,通常のSlackのワークスペースと作成手順や使い方が異なりますので,必ず以下のページを参照するようご注意ください.

UTokyo Slackにおけるワークスペースの作成と運用

既存ワークスペースの編入(移行)について

新規にワークスペースを作成するのではなく,現在UTokyo Slack以外でお使いいただいている既存のワークスペースをUTokyo Slackとして利用したい場合は,編入(移行)という特別な手続きが必要であり,限定的な対応となります.詳細は「UTokyo Slackへの既存ワークスペースの編入(移行)」を参照してください.

その他

注意事項や詳細など

活用のヒント

Slackをコミュニケーションの場として活用するにあたって,以下のような情報も参考にしてください.