2022年8月・9月 UTokyo Slack説明会

目次

情報システム本部では,幅広い大学活動をカバーするコミュニケーション環境整備の一環として,ビジネスチャットツール「Slack」の導入について検討を進めてまいりました.このたび一定の準備が整ったことから,2022年8月より,「UTokyo Slack」として試行運用を行います.

※UTokyo Slackについての詳細は,以下の説明ページをご覧ください.

UTokyo Slack(試行)

利用したい方・利用に興味をお持ちの方へ向けて,3回に分けてオンライン説明会を開催いたします.

パート1「概要とワークスペースの作成について」

UTokyo Slackの利用にはUTokyo Accountの多要素認証の有効化が必須ですので,まだの方は,「UTokyo Accountにおける多要素認証の利用について」のページの手順で作業してください.完了後に設定がシステムに反映されるまで約40分かかるので,説明会の開始前にあらかじめ作業をしていただくとスムーズです.

パート2 「既存ワークスペースの編入(移行)について」

(2023年9月)本説明会で説明した編入(移行)手続きは,2023年8月24日正午をもって受付を終了しました.詳細はお知らせページをご覧ください.APIを用いた「移植」については引き続きご利用いただけますが,個別のトラブル対応などのサポートは終了予定です.

パート3「学内でのこれまでの活用事例」

学内での活動におけるSlackの活用について,授業・学科・プロジェクトなど5つの事例を紹介し,Slackの利用方法について具体的なイメージを持っていただけるような知見を共有します.また,Slackの利用が初めての方・利用経験の少ない方にもSlackの使い方をご理解いただけるよう,基本的な機能や操作方法についても最初に説明を行います.

実際にUTokyo Slackの画面を見ながら操作方法の説明を聞きたい方は,UTokyo Slackの利用に必要なUTokyo Accountの多要素認証の有効化をまだしていなければ,あらかじめ「UTokyo Accountにおける多要素認証の利用について」のページの手順で作業しておいてください.設定がシステムに反映されるまで最大約40分かかるため,説明会中に作業を行ってもUTokyo Slackをすぐに利用できるようにはなりません.

内容・資料

資料は当日までに,録画は後日,それぞれ(発表者にご了承いただける範囲で)掲載します.

進行説明スライドはこちら ビデオ

arrow_upward
上に戻る
feedback
フィードバック
contact_support
サポート窓口