UTokyo Account以外のサインインでのZoomの利用について

目次

このページは,ECCSクラウドメールの自分で設定したメールアドレス xxxx@g.ecc.u-tokyo.ac.jp のアカウントなど,UTokyo Accountでサインインするもの以外のアカウントで東大のZoomを利用している方へ向けた説明のページです.サインイン方法を統一するため,このようなアカウントは順次無効にさせていただく予定です.このページの案内に従って,UTokyo Accountでサインインするアカウント1234567890@utac.u-tokyo.ac.jp のような,10桁の共通IDに @utac.u-tokyo.ac.jp を付けたもの)へ変更していただき,今後はそちらを利用するようお願いいたします.

1234567890@g.ecc.u-tokyo.ac.jpのような10桁の共通IDのECCSクラウドメールのZoomアカウントをお使いの場合 1234567890@g.ecc.u-tokyo.ac.jpのような10桁の共通IDのECCSクラウドメールのZoomアカウントは,原則として2021年春のシステム変更において自動で@utac.u-tokyo.ac.jpに変更され,UTokyo Accountでサインインできるようになっていますので,このページで案内している作業を行う必要はありません.システム変更後に手動でアカウントを作成したなどの理由で,現在も1234567890@g.ecc.u-tokyo.ac.jpのような10桁の共通IDのECCSクラウドメールのZoomアカウントを利用している場合は,UTokyo Accountでサインインすることはできませんので,このページの案内に従って変更をお願いいたします.

当該のアカウントが不要の場合

現在利用している,UTokyo Accountサインインではないアカウント(ECCSクラウドメールの自分で設定したメールアドレス xxxx@g.ecc.u-tokyo.ac.jp など)が不要の場合,Zoomのサインインの仕方のページに書かれている手順でZoomにサインインすると,新たにUTokyo Accountでサインインするアカウントを利用開始することができますので,今後はそちらを利用していただければ十分です.

なお,UTokyo AccountサインインではないZoomアカウントについては,管理者の方で削除しますので,不要なZoomアカウント削除フォームからご連絡ください.

当該のアカウントを引き継ぎたい場合

UTokyo Accountサインインではないアカウント(ECCSクラウドメールの自分で設定したメールアドレス xxxx@g.ecc.u-tokyo.ac.jp など)は,当面はそのままでも引き続きご利用いただけますが,今後順次無効にさせていただく予定です.

当該のアカウントには次の「サインイン方法」の手順でサインインすることができますが,ご都合のよいタイミングでなるべく早く,下の「UTokyo Accountサインインへの変更手順」に従ってUTokyo Accountでサインインへの移行するようお願いいたします.

サインイン方法

2021年春のシステム変更でUTokyo Accountサインインに変更されていないZoomアカウント(ECCSクラウドメールの自分で設定したメールアドレス xxxx@g.ecc.u-tokyo.ac.jp など)については,当面の間,Zoomの通常のサインインページ https://zoom.us/signin にこれまで利用していたメールアドレスとZoom専用のパスワードを入力していただくと,サインインすることができます.

サインインしたら作成・設定していた会議室の情報やクラウド録画の情報が見つからないという場合 上記の方法ではなくUTokyo Accountを使う新しいサインイン方法を使ってしまうと,UTokyo Account用の別のZoomアカウントが新しく作成されてそちらにサインインしてしまうため,このような現象が発生します.一度サインアウトして,Zoomの通常のサインインページ https://zoom.us/signin からこれまで利用していたメールアドレスとZoom専用のパスワードでサインインしてみてください.

10桁の共通IDのアカウントへの変更手順

お使いのアカウントのメールアドレスが,ECCSクラウドメールの自分で設定したメールアドレス (xxxx@g.ecc.u-tokyo.ac.jp) の場合は, 専用の移行サイト を利用してワンストップで移行できます.移行サイトの指示に従って作業してください.移行が完了するとUTokyo Accountでのサインインが可能になりますので,今後はZoomのサインインの仕方のページに書かれている手順でサインインしてご利用ください.

お使いのアカウントのメールアドレスが上記以外の場合

お使いのアカウントのメールアドレスが上記以外(ECCSクラウドメールではないメールアドレスや,1234567890@g.ecc.u-tokyo.ac.jpのようなECCSクラウドメールの10桁の共通IDのメールアドレス)の場合は,以下の手順で手動で移行してください.

  1. Zoomのプロフィールページ にアクセス(サインインしていない場合はサインイン)して,「サインイン用メールアドレス」の欄の右の方にある「編集」を押してください.
  2. 新しいメールアドレスとして,1234567890@utac.u-tokyo.ac.jpのように,10桁の共通IDの後に@utac.u-tokyo.ac.jpを付けたものを入力してください.
    ヘルプ:この手順で,メールアドレス「1234567890@utac.u-tokyo.ac.jp」は使用されています,と表示された場合 既に1234567890@utac.u-tokyo.ac.jpというアカウントが存在しているため,先にそちらを削除する必要があります.10桁の共通ID@utac.u-tokyo.ac.jpのアカウント削除フォームを入力・送信してください.削除が完了したらメールが届きますので,その後あらためて上の手順でメールアドレスを変更してください.
  3. ECCSクラウドメールにメールアドレス変更の確認メールが届きますので,そのメール内の確認ボタンを押してください.
  4. Zoomのプロフィールページの右上の人のマーク(自分のアイコンを設定している場合はアイコン)を押して「サインアウト」を選択し,Zoomから一度サインアウトしてください.
  5. 東京大学専用のZoomページ https://u-tokyo-ac-jp.zoom.us/で「Config」ボタンを押して,UTokyo Accountでサインインしてください(「Zoom サインイン方法」のページの「ブラウザからサインインする方法」と同じ手順です).
    ヘルプ:この手順でサインイン直後に「メールアドレスの確認」などと表示された場合 アカウントを東京大学の組織アカウント (UTokyo Zoom) に切り替えるためにメールによる確認が必要です.「メールアドレスの確認」ボタンを押して少し待つとECCSクラウドメールにメールが届くので,メールの指示に従って作業を行ってください.
  6. Zoomのプロフィールページで「ライセンス」という欄に「ライセンスあり ミーティング 300参加者」と書かれていればOKです.
    ヘルプ:ライセンス欄が「基本」と表示されている場合 アカウント切り替え後にライセンスが付与されるまで約5分かかることがあるので,それまでしばらく待ってから,再読み込みしてもう一度確認してみてください.

以上の手順でうまくいかないことがある場合は,サポート窓口に相談してください.

困ったときはサポート窓口へ(別ページが開きます)