クラスサポーター制度のご案内

目次

本学に在籍をしている学部生・大学院生・研究生・ポストドクターなどがクラスサポーターになることができます.
クラスサポーター制度を利用する場合には,下記をよくお読みになり,制度を理解した上でお申し込みください.

お知らせ

 (下記は申込後の返信にてお知らせします)
 謝金支払い情報フォーム:11月30日
 業務完了報告フォーム:2022年1月15日

重要なポイント

制度の趣旨と目標

クラスサポーターの仕事内容の範囲(想定している仕事の例)

クラスサポーターとして想定していない仕事内容

あくまで「先生がオンライン授業に備える, その準備に付き合う(試行錯誤の相手をする), 先生が授業中に気づきにくい(音が届いていないなどの)トラブルを学生側から介入する」などの仕事を想定しています. それ以上の仕事は学科, 専攻, 本人とも同意の上, 別途TAを雇うなどしてください. 10時間(研修2時間含まず)を超えるサポートをクラスサポーターにお願いしないでください.

制度利用の流れ

フローチャート

教員用

制度を利用するには,下記の通り2つの方法があります.

教員自身がサポーターを見つけられた場合

  1. クラスサポーター獲得報告フォーム で利用申請を行います.
    • 満期退学者など,本学の所属でない人はクラスサポーターに指名できません.
    • 留学生へ依頼する場合には,資格外活動許可を有していることが必須です.
    • 基本的には1授業につき1サポーターです.2人以上必要な場合には,事前にクラスサポーター担当までご連絡ください.class-support.adm[at]gs.mail.u-tokyo.ac.jp
  2. クラスサポーター担当から2種類のフォームが届きます.
    ※獲得フォームにて申請後,クラスサポーター担当から受領メールが自動配信されます.
     メール受領後,活動を開始して頂くことができます.    
    • 謝金支払い情報登録フォーム: 謝金支払いに必要な情報を学生が記入するフォーム
      学生も同じリンクを受け取っています.こちらのフォームに入力されませんと支払い手続きができませんので,先生が記入する必要はありませんが,学生がフォームに記入したことを確認してください.
    • 業務完了報告フォーム: 先生ご自身で記入いただくフォーム
      クラスサポーターの業務が完了したら,提出します.業務完了報告が提出された後,クラスサポーター担当が謝金支払い手続きを行います.
  3. クラスサポーターの業務完了後,業務完了報告フォームにて報告します.
    ※業務完了報告の提出がないと謝金の支払いができません.
     クラスサポーター業務完了前に報告した場合には再提出をお願いしていますのでご注意ください.
     業務が完了していれば,授業終了日前でも報告可能です.

クラスサポーターをマッチングしてほしい場合

  1. クラスサポーター割当希望フォーム で制度の利用申請を行います.
  2. マッチング成立後,クラスサポーターをご案内するメールが届きます.
  3. 学生と連絡をとり,開始日・科目名・時間割コード・曜限などを互いに確認します.
  4. 双方が同意しましたら,獲得報告フォームを提出してください.
  5. クラスサポーター担当から2種類のフォームが届きますので確認します.
    ※獲得フォームにて申請後,クラスサポーター担当から受領メールが自動配信されます.
     メール受領後,活動を開始して頂くことができます.
    • 謝金支払い情報登録フォーム: 謝金支払いに必要な情報を学生が記入するフォーム
      学生も同じリンクを受け取っています.こちらのフォームに入力されませんと支払い手続きができませんので,先生が記入する必要はありませんが,学生がフォームに記入したことを確認してください.
    • 業務完了報告フォーム: 先生ご自身で記入いただくフォーム
      クラスサポーターの業務が完了したら,提出します.業務完了報告が提出された後,クラスサポーター担当が謝金支払い手続きを行います.
  6. クラスサポーターの業務完了後,業務完了報告フォームにて報告します.
    • 業務完了報告フォームの提出がないと謝金の支払いができません.
    • クラスサポーター業務完了前に報告した場合には再提出をお願いしていますのでご注意ください.
    • 業務が完了していれば,授業終了日前でも報告可能です.

留意事項

学生用

教員からの依頼を受けてクラスサポーターになる場合

  1. 教員の申請後に届く,謝金支払い情報フォームに到着後1週間をめどに,速やかに必要事項を記入します.
    ※支払いには,学生証・口座情報・マイナンバー・留学生は在留カードと資格外活動許可書が必要です.必ず準備してから必要事項を入力してください.
  2. クラスサポーター制度研修ページの動画を視聴します.
    初めてサポーター制度に参加する時に1度だけ2時間の研修動画を視聴します.この2時間はクラスサポーター業務10時間に含まれません.(2021年度から変更されました)
    できるだけ活動開始前に動画を視聴してください.
    動画視聴は1回で結構です.クラスサポーター経験があり受講済の場合は必要ありません.
    動画視聴を申告する必要はありませんが,制度理解のために必ず視聴してください.
  3. 謝金の支払い
    クラスサポーター業務終了後,教員からの業務完了報告の後に謝金のお支払い手続きをとります.

クラスサポーターを行ってみたい場合

※空き時間などを利用して自分が履修していない授業や, 個人的に頼まれた教員以外の授業.

  1. クラスサポーター志願フォーム でエントリーします.
  2. マッチング成立後,詳細をご案内するメールが届きます.
    教員の条件に応じたマッチング(授業実施曜限など)を行うため,志望してもクラスサポーターとして割り当てられないこともある点ご了承ください.

  3. 教員の申請後に届く,謝金支払い情報フォームに到着後1週間をめどに,速やかに必要事項を記入します.
    ※支払いには,学生証・口座情報・マイナンバー・留学生は在留カードと資格外活動許可書が必要です.必ず準備してから必要事項を入力してください.

  4. クラスサポーター制度研修ページの動画を視聴します.
    初めてサポーター制度に参加する時に1度だけ2時間の研修動画を視聴します.この2時間はクラスサポーター業務10時間に含まれません.(2021年度から変更されました)
    できるだけ活動開始前に動画を視聴してください.
    動画視聴は1回で結構です.クラスサポーター経験があり受講済の場合は必要ありません.
    動画視聴を申告する必要はありませんが,制度理解のために必ず視聴してください.

  5. 謝金の支払い
    クラスサポーター業務終了後,教員からの業務完了報告の後に謝金のお支払い手続きをとります.

留意事項

よくある質問と回答例

教員・学生 共通

Q. フォームにアクセスができない 手順は2つです.
1.サインインする
2.リンク先をクリック

【1.サインインする】
https://www.office.com/ へサインイン
アカウント:UTokyo Account 10桁@utac.u-tokyo.ac.jp
パスワード:ご自身で設定されたもの
※既にサインインしている場合は1度サインアウトして再度サインインをお願いいたします.
YouTube動画で サインインとサインアウトの方法が確認できます.

【2.リンク先をクリック】
UTokyo Account 10桁 @utac.u-tokyo.ac.jpでサインインした後
フォームのリンク先をクリックします.
万が一これでも報告ができない場合は
以下リンク先の画面右下に表されるチャットサポートでご相談いただけます.
https://utelecon.github.io/
平日ですと有人で相談することができ,その場で順を追って解決してもらえるので,お困りの際にはどうぞご活用ください.

Q. 申請・登録・報告時の控えの受領メールについて 令和3年から,フォームで入力された「通常ご使用なさっているメールアドレス (連絡が確実に届くもの)」に記載したアドレスに自動配信されます.しばらくしても届かない場合はクラスサポーター担当へお問い合わせ下さい
Q. クラスサポーター業務時間のカウントについて クラスサポーター活動時間の上限は10時間です.授業の途中であっても10時間に達した時点で活動終了となります.一方「授業中の時間をすべてカウントする必要はない」ということも示しておりますので,実働に応じてカウントしていただくなど,適宜ご判断いただければと思います.
Q. 10時間以下の謝金支払いについて 謝金は1つの科目に対しての単価ですので 1科目あたり,13,000円(税込み)です. 3時間でも10時間でも,同一です.
Q. マッチングについて 曜限などの条件が適合する志願学生を探しています.見つかり次第ご案内メールをお送りしますのでお待ちください.見つからない場合もございますので,ご理解願います.

教員

Q. 通年授業の場合、SセメとAセメの申し込みが必要ですか 通年授業の場合は1年を通して1科目(1コマ)の扱いとなります.ご利用されるタイミングに合わせて、SセメもしくはAセメのどちらかでお申込みください.
Q. 締め切り後のクラスサポーターの申し込みについて 所属の部局でご相談ください.
Q. 業務完了報告の提出日 クラスサポーター業務の完了後です.完了前の報告は,再提出をお願いしています.

学生

Q. 謝金支払い情報登録時のマイナンバーのWEB登録をしたくありません. 限定された職員のみがマイナンバーの確認作業を行っております.セメスターごとの情報管理をしており,作業終了後にその都度,情報を破棄しております. 安心してご登録をお願いしたいのですが,「ウェブ画面に入力または 添付したくない」という場合は,第2本部棟3階311号室にあります「大学総合教育研究センター」事務室まで厳封してお持ちいただくか,以下への郵送での提出も可能です.
 〒113-0033 東京都文京区本郷 7-3-1
 東京大学 大学総合教育研究センター
 クラスサポーター謝金担当 宛
Q. 謝金入金日はいつですか. 教員による業務完了報告提出後,手続きします.
Q. 謝金の入金金額と明細について 13000円より,税金分3.063%に相当する金額がひかれています.確定申告をすれば戻りますので,お手数ですが,手続きをお願いいたします.なお,明細書は学部(大学院)ごとに学内便で配布予定です.1月末ごろになりましたら源泉徴収票も出る予定です.
Q. クラスサポーターの謝金の受け取りについて 謝礼は口座振り込みのみです.

問い合わせ先

オンライン授業学生担当
class-support.adm[at]gs.mail.u-tokyo.ac.jp

問い合わせメールのテンプレート
氏名 : 
所属 : 所属部局・学部・研究科等を記入してください.
構成員分類 : 教職員か学生かを記入してください.
身分・学年 : 
共通ID(10桁の数字) : 
問い合わせ内容 : 
以下のa,bを可能な限り埋めてください.

a) どのような質問ですか?   
b) 依頼前・依頼後・マッチング後・採用後など状況を教えてください.   
困ったときはサポート窓口へ(別ページが開きます)