授業URLの連絡方法(教員向け)

目次

このページでは,教員から学生にオンライン授業のURL(Zoomなどの会議室のURL)を連絡する方法を説明します.

これまではそれぞれの教員がバラバラの方法で授業URLを連絡しており,学生が授業URLを探すのに非常に不便な思いをしてきました.そこで,授業URLの連絡方法を全学で統一していくこととなり,「2021年Sセメスターにおけるオンライン授業向けツールの利用ガイドライン」も定められました.

以下では,このガイドラインを踏まえた授業URLを連絡する方法をご紹介しています. 今後の授業URL連絡にはこの方法をご利用いただけるようご協力お願いいたします.

なお,学生向けの案内は「授業URLの連絡方法(学生向け)」をご覧ください.

原則:ITC-LMSの「オンライン授業情報」欄を利用する

手順については,以下をご確認ください.

授業URL追加の手順

補足:ITC-LMS以外のシステムでの授業URLの連絡について

UTAS

UTASにも,「オンライン授業URL」および「オンライン授業内容」の欄がありますが,学生にはITC-LMSを見るよう周知されていますので,これらの欄は空欄でかまいません.

これらの欄に情報を入力する場合は,ITC-LMSの授業ページの下の方にある「このページのダイレクトリンク」欄に書かれているURLを掲載するのが親切です.このURLへアクセスするとITC-LMSのその授業のページに移動します.(会議室のURLを直接掲載しても良いですが,ITC-LMSのリンクを掲載することで,学期途中にURLを変更することになった場合にUTASを更新し忘れて古い情報を掲載したままにしてしまう,といったリスクをなくすことができます)

なお,UTASの「オンライン授業URL」「オンライン授業情報」以外の欄には絶対にオンライン授業のURLを書かないようにしてください.一般公開されている「東京大学授業カタログ」に掲載されるためです(Web会議のURLがなるべくそのまま掲載されないような処理をしていますが,万全とは限りません).

東京大学オンライン講義検索システム (UTAS Lite2, UTIL Lite)

東京大学オンライン講義検索システム (UTAS Lite2, UTIL Lite)」は主に学生向けのシステムで,ITC-LMSやUTASにアクセスしづらくなった際に授業URLを確認するためのものです.上で説明しているITC-LMSの「オンライン授業情報」欄およびUTASの「オンライン授業URL」「オンライン授業内容」欄の情報が自動的に掲載(転記)されるようになっており,このシステムに教員が授業URLを入力する必要はありません.

授業URLの変更について

授業URLを回ごとに変えること,学期中に何度も変更することは,学生が変更に追随する手間や,追随しそこねる危険を増やすことになるため推奨しません.

関連ページ