オンライン授業情報交換会 第26回 グッドプラクティス事例(6) 大人数のオンライン授業の実施とテストの工夫

Sセメスターで優れた工夫・取り組みのあったオンライン授業(グッドプラクティス)紹介の6回目です.Sセメスターで実施した学生アンケートから選出されたグッドプラクティスについて,実際に授業を行った先生方にご登場頂き,情報共有をいただきます.

今回は,約670名の学生が履修する教養学部 前期課程1年・2年の授業「適応行動論」にて行われた,大人数講義の実践例とテストにおける成績評価の工夫を,総合研究大学院大学 先導科学研究科の大槻久先生にご共有頂きます.先生が行われた小テストの話も伺いながら,取り組みの実際を共有頂く予定です.また,外部の大学から本学の授業を受け持たれる中,難しかったことや役立ったことについてもお話しいただきます.先生の取り組みについての記事はこちらにございます.


他の回の情報はオンライン授業情報交換会の一覧ページからご覧いただけます.