オンライン教育支援サポーターについて

目次

2021年11月19日

オンライン教育支援サポーターとは

「オンライン教育支援サポーター(OES)」は,オンライン教育の高度化・普遍化に向けた支援業務に携わる学生サポーターです.

東京大学でオンライン教育が大規模に展開されるようになった2020年春,大学総合教育研究センター情報基盤センターを中心に全学的なオンライン教育のサポート活動を始めるようになりました.例えば本サイトuteleconの開設や,オンライン授業を支援するクラスサポーター,全学的な技術トラブルに対応するコモンサポーター制度の導入などです.

オンライン化の進展に伴い,既存の仕組み・制度だけではカバーできない様々な業務が求められるようになりました.そこで,OESは学生独自のアイディアも活かしつつ,オンライン教育関係の業務を幅広く担うべく,2021年1月に発足しました.

2021年11月時点で,約30名の本学学生がOESとして勤務しています.学部前期課程から博士課程まで,多様な専攻の学生が集っており,それぞれの専門知識や得意分野を活かしながら,協力して業務を行っています.

業務内容

OESは次のような業務を,教職員やシステム管理者と協働して行っています.それを通じ,uteleconの改善とオンライン教育そのものの質向上を目指しています.

関連組織

本サポーターは東京大学大学総合教育研究センターの高等教育推進部門が運営を担っています.また,活動の内容に応じて他センターや他部局と連携しています.

外部発表・取材一覧