教員のための、授業を行うにあたって (2020 Aセメスター版)

目次

このページは2020年度Aセメスターのものです.最新版の「東京大学でオンライン授業を始めるために」のページをご覧ください.

はじめに

東京大学では,2020年度のSセメスターにオンライン授業を本格導入することとなりました. Sセメスターの授業を通じ, 学生からも教員からも, オンライン授業には利点が多くあり, 決して活動自粛期間だけの形態ではないとの声が聞かれています. 一方で改めて対面授業や, 授業に限らず人と人が物理的に顔を合わせることの大切さを身にしみて感じることともなりました. 学生からは, キャンパスに行けないことや友達と会えないことの苦しさ, 悲しさ, オンライン授業では課題が多く出されがちである上, 友達とのつながりができにくいことなどにより, 課題をこなす要領もわからず, 負担感, 孤独感が大きくなることなどの声が多く聞かれます.

Aセメスターはそのためにも一部の授業に対面(ハイブリッド)方式を取り入れる, 登校と感染拡大対策(登校人数の管理, オンライン授業との併用)を合わせて行う, 学生の負担を教員間で把握・共有する, などの課題にあらゆるレイヤ — 大学で, 各学部・研究科で, 各学科・専攻で — で取り組む期間となるのではないかと思います[4月からの大学等遠隔授業に関する取組状況共有サイバーシンポジウム 東京大学のCOVID-19感染防止と教育の両立に向けた試み].

Sセメスターでのオンライン授業に対する学生・教員の反応からは, すべての授業を対面で行うことが大学の目指す終着地点ではないことも明らかです[9/11説明会第2部: Sセメスタの振り返り, 動画] . オンライン授業の利点, 対面が必須なところ, そして何よりも大切な, 人と人とが巡り合う場としてのキャンパスを両立させていく — それによって学生が人間的にも学問的にも最高の成長を遂げることが出来る環境を作ること — が目標となって行くことと思います. Aセメスターはその第一歩として, 学生を, Sセメスターの自粛生活で味わった孤独や苦しみから開放しながら, Sセメスターで発見したオンライン授業の利点も伸ばしていく期間となるのではないかと思います.

先生方の努力の結果が本ポータルに結集し共有され,本ポータルがオンライン化を成し遂げるコミュニティとなっていくことが,学生に対し質の高い学習環境の維持あるいは向上の支えになると信じております.

このページはその基本中の基本として, 本学における教育ICTシステム, 各種授業形態のやり方のポイントに関する情報を提供します.

本ポータル編集に参画する教職員一同

東京大学における教育のためのICTシステムを利用するために

全体像は下図のようになっています.

image/svg+xml UTokyoAccount : 個人に付与される大学アカウント(数字10桁) UTAS シラバス登録履修登録 成績 登録 ITC- LMS レポート回収出席管理 お知らせ 教材 配布 WebEx Web会議 要有効化 Microsoft365 ファイル共有文書 アンケート Web 会議 要有効化(Office 365ProPlus利用許諾) G Suite (Google) ファイル共有文書 アンケート Web 会議 要有効化(ECCSクラウドメール) Zoom Web会議 要有効化 10桁@utac.u-tokyo.ac.jp 文字列@g.ecc.u-tokyo.ac.jp 10桁 10桁 10桁@g.ecc.u-tokyo.ac.jp 10桁@g.ecc.u-tokyo.ac.jp 要有効化(初期パスワード設定)

以下で各システムで必要な作業について簡単に説明します. 以下の作業中, このページに書かれている通りにならないなど, 問題を見つけた場合は, まずはこのページにも現れているチャットサポートをお試しください(チャットサポートで解決しない場合はサポートチームに連絡できます).

  1. UTokyo Account: 他のサービスすべてのもととなるアカウントになります.
    • 一度でも授業を受け持てば, これを使ったことがないという人はいないはずです.
    • 常勤の教員には着任時に自動的に発行されているはずです.
    • 非常勤講師の先生にも授業で必要ならば発行するのが原則です. ない場合は授業を開講する学科・専攻の事務に発行をお願いしてください.
    • 作業: まだ一度も使ったことがない人は初期パスワードを変更してください. 手順動画
  2. UTAS (学務システム): 授業の内容(シラバス)を登録したり, 成績を入力したりするのに使うシステムです.
  3. ITC-LMS (学習管理システム): 自分の授業で, 学生にお知らせをする, 課題を出す・回収する, 出欠を取る, などの用途に使います. オンライン授業のURLに関する情報も, このシステムを用いて学生に教えることになるでしょう. UTASと似ていて紛らわしいですが, UTASは授業が始まる前(履修登録)と後(成績確認), ITC-LMSは授業期間中に使うと, 大雑把には思っていてください.
  4. Microsoft 365: Microsoftのサービスです. 講義資料やプレゼンテーションの作成など, いろいろなことに使えます.
    • 作業(有効化): UTokyo Account利用者メニュー から「Office 365 ProPlus利用許諾」に合意し, Microsoft 365の有効化をして下さい (手順動画).
    • このあと実際にExcelなどのアプリケーションが使えるようになるまで, 日中は最大3時間, 夜は翌朝11:00までお待ちください(正確には, 11:00, 14:00, 17:00, 20:00にこれまでの利用許諾が反映されます).
    • 作業(サインイン): 待ったらwww.office.com にサインインしてください. UTokyo Accountがあればサインインできるのですが, UTokyo Accountのサインイン画面の前にMicrosoftのSign-InでEmail, Phone, or Skypeと聞かれたら xxx@utac.u-tokyo.ac.jp と入れてください(そうするとUTokyo Accountのサインインページにたどり着きます). xxxの部分は何でも良いです (手順 パソコン, スマホ). もしすでに別の(例えば普段自分が使っている)アカウントでサインインしていたら, 一度サインアウトしてから大学のアカウントでサインインします(手順 パソコン, スマホ).
    • 練習: できたらExcelのBookを一つ作ってみてください(手順動画)
  5. G Suite for Education (Google): Googleのサービスです. メール(Gmail), カレンダーの他, レポートやプレゼンテーションの作成など, いろいろなことに使えます.
    • 作業(有効化): UTokyo Account利用者メニュー の「ECCSクラウドメール」からアカウント名, 「ECCSクラウドメール(パスワード変更)」からパスワードを設定して, G Suite for Educationを有効化して下さい (手順動画).
    • このあと実際にG Suite for Education が使える(Googleにサインインできる)ようになるまで, 最大1時間ほどお待ち下さい.
    • 作業(サインイン): 最大1時間待ったら, Googleにサインインして見て下さい.
  6. Zoom: Web会議システムです. 多くのオンライン授業がZoomを使って行われています.
    • 作業(有効化): 大学の Zoom アカウントの作り方のページに従い, 大学のZoomアカウントを取得してください.
    • 授業で学生にZoomの操作を説明したい(そのためのスライドが欲しい)という先生のための, スライド(pptx, pdf)
  7. WebEx: another Web会議システムです. 授業で使われる場合は前もって有効化(アカウント作成)してください.

注意: MicrosoftもGoogleも, すでに自分で使っているという方も多いとおもいます. そういう場合も必要に応じて大学のアカウントで使えるようにしてください. 自分のアカウントと大学のアカウントを切り替える方法(上記の手順動画: Microsoft, Google) をマスターしてください. オンライン講義をするに当たって, 重要な情報を, 大学のメンバーだけで共有するという場面が多くなると想定され, 大学アカウントを使えば, 大学メンバー間でのみ共有できる文書を作ることができます.

なお, 「ECCS クラウドメール」は東京大学におけるG Suite for Educationの名称です.

オンライン授業の主な形態

 ここでは,従来の授業と比較しながら,オンライン授業の主な形態3つを紹介し,それぞれの形態の説明とオンライン授業(メディア授業)としての要件の説明を行います.各形態でポイントとなる点について, 9/11の説明会第4部: 各種授業形態とポイント (動画)でも説明しています.

従来の授業とオンライン授業の主な形態

 従来の授業は,リアルタイムに対面で行うものです.一方,オンライン授業には大きく分けて,リアルタイムに対面かつオンラインで行う形態(同期ハイブリッド型),リアルタイムにオンラインのみで行う形態(同期オンライン型),学生が自身のペース(オンデマンド)でオンライン学習する形態(非同期オンライン型)があります.
 以下,それぞれについて説明します.

各授業方法のオンライン化(執筆中)

具体的なツールの使い方

ご共有いただいた資料・実践例・参考情報(随時募集中)

はじめに

ここで,ご共有いただいた資料を紹介いたします.ご共有いただいた先生方,誠にありがとうございます.

また,あらたに資料をご共有いただける場合はutelecon-inquiries@googlegroups.comにご連絡いただけると幸いです. もしくは,Github に詳しい方は,utelecon の Githubを fork して,下記にあります新しい情報 のエリアに情報を付け加えていただき,pull request を送っていただければ幸いです.新しい情報 にいただいた情報は適宜当方にて整理させていただきます,

新しい情報

新しくお寄せいただける情報はこちらへお願いします.

オンライン授業を行うための総合的な資料

オンライン授業における配慮

オンライン授業で実現する板書や手書き

オンライン授業をより豊かにする方法

学会開催の事例

作業を効率化する方法

オンライン授業における参考情報

オンライン授業の事例

リンク集(随時募集中)