ITC-LMS

目次

ITC-LMSとは

ITC-LMSは東京大学の学習管理システムです.授業資料の配布・課題提出・オンライン試験・教員から学生へのお知らせ通知などの機能があります.

利用にはUTokyo Accountが必要です.UTokyo Accountをまだ使ったことがなければ,先に「(新入生向け)大学生活に必要な情報システムの準備について」「(教員向け)東京大学における情報システムの準備について」を確認してください.

(教員向け)ITC-LMSの利点

ITC-LMSの提供する機能は他の授業支援ICTツールと同じようなものですが,重要なのは,東京大学のアカウント (UTokyo Account) および履修登録などを行う学務システム (UTAS) と連携していることです.これにより,「東京大学の学生だけに」あるいは「その授業の履修者だけに」情報を渡すことが非常に簡単になります.学部1, 2年の授業を受けた在学生で利用したことがない人はほぼいないと思われ,学生への浸透率も高いです.授業資料の配布・課題のやり取りなどには,まずITC-LMSのご利用をお考えください.

使用方法

ログイン

  1. https://itc-lms.ecc.u-tokyo.ac.jp/login にブラウザでアクセスし,ログインボタンを押してください. LMSログイン画面
  2. 以下の画面が表示されたら, 共通ID(学生証右下にある18桁の数字の下10桁)とパスワードを入力し, サインインボタンを押してください. UTokyo Accountログイン画面

通知設定

ITC-LMSでの更新通知を,メールやLINEで受け取ることができます.通知の設定方法は「ITC-LMSで通知先を設定する」を確認してください.

コース

ITC-LMS の教材の配布や課題の提出は,年度・授業ごとに作成されるコース内で行われます.使い方については以下のページを参照してください.

参考情報

arrow_upward
上に戻る
feedback
フィードバック
contact_support
サポート窓口