ITC-LMS

目次

ITC-LMSとは

ITC-LMSは東京大学の学習管理システムです.授業資料の配布・課題提出・オンライン試験・教員から学生へのお知らせ通知などの機能があります.学生は,オンライン授業を受けるためにこのシステムを利用できることが重要であり,特に先生からのお知らせを受け取れるよう,下で説明している通知設定を行っておいてください.

(教員向け)ITC-LMSを利用するメリット

ITC-LMSの提供する機能は他の授業支援ICTツールと同じようなものですが,重要なのは,東京大学のアカウント (UTokyo Account) および履修登録などを行う学務システム (UTAS) と連携していることです.これにより,「東京大学の学生だけに」あるいは「その授業の履修者だけに」情報を渡すことが非常に簡単になります.学部1, 2年の授業を受けた在学生で利用したことがない人はほぼいないと思われ,学生への浸透率も高いです.授業資料の配布・課題のやり取りなどには,まずITC-LMSのご利用をお考えください.

ログイン方法

  1. ITC-LMSにアクセスして,「ログイン」を押してください.
  2. ユーザ名とパスワードの入力を求められたら,UTokyo Account(10桁の共通ID)の情報を入力してください.

通知設定

学生は,先生からのお知らせを受け取れるよう,以下の手順で通知設定を行っておいてください.LINEで通知を受け取ることもできます.なお,教員も通知設定をすると学生からの課題提出などの通知を受け取れます.

  1. ログインした後,右上の「Settings」を押してください.
  2. 登録した授業の資料や課題の更新,担当の先生からのお知らせを受け取る方法を設定できます.LINEで通知を受け取りたい場合は,「通知用SNSアカウント」の欄にある「LINEから通知を受け取る」を押して連携し,「お知らせ通知」の欄をLINEで受け取るように設定してください.
この手順がうまくいかないときのヘルプ これらを確認して,それでもうまくいかなければ,サポート窓口に相談してください.

(教員向け)利用方法

はじめに

授業で使う場合,UTAS に登録されている科目は,自動的に ITC-LMS にコースとして登録されています.

授業準備の流れ

授業中の流れ

参考情報